院長挨拶

先代の名和誠は、この重里の地に浄土真宗の寺の長男として生まれました。
そんな環境で育った父が“地元の人が安心して健康に暮らせる為のお手伝いがしたい”という願いのもと、昭和49年に名和内科を開業しました。

それから40年近く、名和内科は地域に根ざして歩んでまいりました。

私も自分が育ったこの町で、微力ながらも地域のお役にたてていることに日々幸せを感じながら診療にあたっています。

 

名和内科院長 千田 美穂子
千田 美穂子

名和内科の目指すもの

  • 地域で一番身近な医療機関でありたい。
  • 患者さんの家族になったつもりで接したい。
  • 患者さんの不安、不満をゼロにしたい。
  • 安心・納得の医療を提供したい。
  • 科学に基づいた医療を実践したい。

皆様からのご意見は我々の財産です。お気軽にお話しください。

名和内科 外観
 
ページトップに戻る